« 水準数が2の場合の3因子間網羅率 | トップページ | テストケース作成ツールを作ろう »

現実的なサイズは L32 か

最近ネタが直交表ばかりです。僕が今週はちょうどシステムテスト週間だからちょうどいいか。。。

==

先日紹介したよくわかる実験計画法を元に2水準系の直交表をエクセルで作成してみた。L32の直交表に対応する交互作用の一覧表までは作って、あとはL64のサイズだけ〜・・・と思った。が、よく考えてみると今までソフトウェアテストとしては直交表ってL32までしか使ってないな。冷静になってみれば因子数が64ってありえないし、多水準化したとしてもL32であれば十分な因子数が確保できる。ググってみても64なんてサイズはあんまり見ないしな。

懸念としては、交互作用が発生しないように列を選択して3因子間網羅率をあげる工夫をすると、サイズが足りなくなるのかもしれない。

次のプロジェクトで試してみるか。

|

« 水準数が2の場合の3因子間網羅率 | トップページ | テストケース作成ツールを作ろう »

コメント

Thanks , I've just been looking for information about this subject for a long time and
yours is the greatest I've found out till now. But, what about the bottom line?
Are you certain concerning the supply?

投稿: Grover | 2022年4月13日 (水) 06:32

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現実的なサイズは L32 か:

« 水準数が2の場合の3因子間網羅率 | トップページ | テストケース作成ツールを作ろう »