« [本]ソフトウェア・テストPRESS Vol.3 | トップページ | ミニ勉強会無事終了 »

テスト設計の社内勉強会への第一歩

雨が多いなあ。

今日は今まで調べたり実践したりしたテスト設計(テスト手法)について他のチームにプレゼンする。仕事の合間を使ってパワポにまとめていた資料を使うのだが、はたして上手に伝えることはできるだろうか。

これがうまくいったら、社内勉強会としてもう少し大きく広めていこうかな。そのときはケーススタディも準備してみようっと。

==

テスト設計の基本とさまざまなテスト技法-1

テスト技法というわけじゃないけど、テストって昔からいわゆるKKD(経験・勘・度胸)だけでやってきたという現場が多いんじゃないですか。KKDでやっている限り、MMK(もうかってもうかって困る)という次元にはまず達しないから基本的なテスト技法くらいは押さえておかないとね。

(中略)

Mustというか、テスト担当者は境界値テストを本能でやっていますよ。

境界値分析とかエラー推測なんかは普通に業務を何年か続けていればまさに本能でチェックしてるテストケースなんだろうけど、手順というかフレームワークとしてまとめておいたほうが、考慮し忘れなんかを防げて安心かな、って思う。

|

« [本]ソフトウェア・テストPRESS Vol.3 | トップページ | ミニ勉強会無事終了 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テスト設計の社内勉強会への第一歩:

« [本]ソフトウェア・テストPRESS Vol.3 | トップページ | ミニ勉強会無事終了 »