« 直交表を利用したソフトウェアテスト→HAYST法とか | トップページ | 単体テストのコツ »

テスト設計レビューによる掘り起こし

プロジェクトが発足するときに、「とりあえずざっくりと外部仕様まとめて」という感じでドキュメント初版を作成し、その後まともな改訂が行われない場合が、僕を含めて周りでは少なくない。当然、仕様はプロジェクトが進むにつれてブレたり、変更したり、追加されるのが常。そうなると、仕様書に載っていることをベースにテスト設計を行う間にどんどん網羅率が下がっていく。しかも、当人が認識できないことも多い。

これを踏まえて、テスト設計レビューというプロセスは、テスト分析-テスト設計の妥当性をチェックすると同時に、そういった埋もれている仕様やポイントを掘り起こして、設計担当者当人に隠れたリスクを認識させる大きな意義があると僕は思う。テスト手法でよく知られている同値分割・境界値分析・エラー推測も、この場面では掘り起こしの手法に姿を変える気がする。

ここらへんはあとでまとめてみて、勉強会のネタにしよっと。

|

« 直交表を利用したソフトウェアテスト→HAYST法とか | トップページ | 単体テストのコツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/3511767

この記事へのトラックバック一覧です: テスト設計レビューによる掘り起こし:

« 直交表を利用したソフトウェアテスト→HAYST法とか | トップページ | 単体テストのコツ »