« 直交表は「有効」であっても「万能」ではない(2) | トップページ | [本]演習で学ぶ ソフトウェアテスト特訓150問 JSTQBテスト技術者認定Foundation対応 »

組み合わせテストケース作成ツール(サンプルその2)

テストケース作成ツール(サンプル)

ひとまず、サンプル2号を作成。でも、やってみると直交が崩れてる。。。ショック。。。

今日はもうおしまい。

==

自分で試してみた。因子数は14個、いくつかは多水準化が必要な場合でやってみたらサイズが128に膨れてしまった。この大きさは妥当なのだろうか。それに、テストケースは出来上がってるけど、本当に網羅してるのかってのが一目じゃわかりにくいな。何か検算機能をつけてみるかな。


Sample2_l128


|

« 直交表は「有効」であっても「万能」ではない(2) | トップページ | [本]演習で学ぶ ソフトウェアテスト特訓150問 JSTQBテスト技術者認定Foundation対応 »

コメント

> この大きさは妥当なのだろうか。

大きさの妥当性は、
 (全ての水準数)-(因子数)+1=直交表のサイズ
で検算してください。

例えば、L64なら8水準の因子が9つ取れますよね。
 (8×9)-(9)+1=64
という計算でピッタリあっています。

※ 「全ての因子の自由度(水準数-1)を合計したものに1加えた値」が直交表のサイズ見積もりに使えます。

投稿: あきやま | 2006年10月14日 (土) 08:52

あきやまさん>

そうですね、ソフトウェアテストPRESSの記事にも
載ってました。確認してみますー。

投稿: softest | 2006年10月15日 (日) 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/3786251

この記事へのトラックバック一覧です: 組み合わせテストケース作成ツール(サンプルその2):

« 直交表は「有効」であっても「万能」ではない(2) | トップページ | [本]演習で学ぶ ソフトウェアテスト特訓150問 JSTQBテスト技術者認定Foundation対応 »