« 直交表もだいぶわかってきたので、次はHAYST法の研究 | トップページ | 組み合わせテストでの自分の大きな勘違い(同値分割,境界値分析,エラー推測) »

組み合わせテストケース作成ツール(サンプルその3)

前回よりも直交表の割り付け方を工夫したので、サイズも小さいし、多因子間網羅率も高いはず。。。

テストケース作成ツール(サンプル)

次の課題は、2因子間網羅率の計算と、3因子間網羅率の計算、かな。とりあえず今日はここまで。


|

« 直交表もだいぶわかってきたので、次はHAYST法の研究 | トップページ | 組み合わせテストでの自分の大きな勘違い(同値分割,境界値分析,エラー推測) »

コメント

4水準の因子を6つ入れたらL64になってますよ。
おしいっ!

投稿: あきやま | 2006年10月26日 (木) 20:58

>あきやまさん

低次→高次の順に並べるようにして、2水準の因子は
右側から割り付けて、多水準化は左から、
n次因子群、(n+1)次因子群からせん託するようにはしたんですが、うーむ。まだ完璧ではないですね。
もう少し考えて、修正してみますー。

投稿: softest | 2006年10月27日 (金) 09:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/3964278

この記事へのトラックバック一覧です: 組み合わせテストケース作成ツール(サンプルその3):

« 直交表もだいぶわかってきたので、次はHAYST法の研究 | トップページ | 組み合わせテストでの自分の大きな勘違い(同値分割,境界値分析,エラー推測) »