« 直交表と交互作用 | トップページ | やみくもに作るのはよくない »

サーバ冗長化の罠

直交表マニアになってたので、切り口を変えて。

==

Webサーバやメールサーバは並列にサーバを用意して、冗長性を持たせることがよくある。複数台のサーバをロードバランシングすることでハード故障などによるサービス停止を防止することが可能なので、一般的な品質向上のアプローチのひとつ。

でも、ここにはひとつの罠があると思っていて、定期的にサービスの拡張や各サーバのメンテナンス目的で新しいサーバを導入したり、切り離し→再組み込みといった作業が発生する。ここでネットワークの設定やロードバランスの設定、アプリケーションの設定を怠るとたちまち1/nという確率でサービス停止が発生する。(しかも、1/nという確率なので意外と早期発見されないケースが少なくない)

品質向上のための冗長化も、ポイントを抑えないとトラブルの種が潜んでる。

|

« 直交表と交互作用 | トップページ | やみくもに作るのはよくない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/3674153

この記事へのトラックバック一覧です: サーバ冗長化の罠:

« 直交表と交互作用 | トップページ | やみくもに作るのはよくない »