« 組み合わせテストケース作成ツール(サンプル) | トップページ | Firefoxだと動かなかった。。。 »

テスターの条件

先日みつけた今日思うことより。

テスティング -テスターの条件- by 今日思うこと


次に大切なこと、それは 『ものの見方が柔軟である』 こと。「マウスはマックのように1ボタンでなければならない」 といったように 「OOO は XXX でなければならない」 的な発想では質の高いテスティングは望めない。ユーザーは時に、開発者がまったく想定していない使い方をするものである。想定をしていない = 作りこみをしていない = テストもしていない = バグが発生する、という構図になる。

会社に入った当初、僕のトレーナー役だった先輩からよく「テストをするときは天邪鬼になってやろう」とアドバイスしてくれたことを思い出す。普通に使っていては不具合は見つからず、単に消化したテスト項目数を増やすだけ。当時は感覚的にはわかった気がしたけれど、ソフトウェアテストの勉強をして、エラー推測・境界値分析というキーワードを目にするまで具体的に自分の手法としては確立していなかったと思う。

マストさんがおっしゃっているテスターに必要なこの能力は、エラー推測や境界値分析の観点に近い考え方かも、と僕は捉えています。何年もシステム開発に携わっている方からすれば、そんな手法勉強しなくても経験上やってたよ、という意見が出てくる気がする。でも、こうやって誰かの口から、どこかのサイトでひとつの手法として目にすることで、より一層自分の中の確固たる技術として根付くんじゃないかと僕は考えています。ソフトウェアテストについての勉強にはそういった意義があると信じています。

僕がもうひとつテスター(=テスト技術者)に必要な能力を挙げるとしたら、それは妥当性検証力、かな。世の中にはいろいろな統計情報やメトリクスがあります。網羅率○○%、ステップ数あたりの不具合数、工数あたりのテストケース数、などなど。その中で、今自分が扱っているプロジェクトにはどの指標が適切なのかを見極める能力です。自分にその能力がなくても、誰と検証をすれば見極められるかがわかれば、それもOK。そこらへんの能力は一言で「バランス感覚」という言葉にも帰着するのかも。

みなさんはどんな能力が必要だと思いますか?

|

« 組み合わせテストケース作成ツール(サンプル) | トップページ | Firefoxだと動かなかった。。。 »

コメント

こんばんは.

難しい理屈は解かってないのでアレですけれど,
経験則になってしまいますが,
わたくしが想うところは,
「思い込みは外して評価を行う」ように意識するようにしてます.
#こんなことは無いだろう.って思うところが危ない.ですね.

で,その後に続く想いのもう1つは,
「ソフト評価では愚直になれ」
です.

コレら2つの結果は,
つまり,「思い込みを外して,愚直に行え」ば,
試験時間やコストが思いっきり掛かります.
#顧客要求に相反するのですよね.

なので,試験,組み合わせツールとか,直交表とかを上手く使って
何とかならんかと,考えるのですけれど,やっぱり結構工数は掛かっ
ちゃいますね.


この,「思い込みを外して,愚直に行え」は,
能力ではなくって,一般に言われるところの「癖」に相当するので
しょうか?
日常業務をこなす傍らから自然に備わってくるものとすれば,
「癖」と言わず「能力」になるのですかね.と言ってイイのか?
#あ,OJT訓練か?

投稿: 吉乃川 | 2006年10月10日 (火) 23:22

吉乃川さん、コメントありがとうございます。

「思い込み」によって不具合を見逃すケースは意外に
少なくないと思います。「たった1行書き換えただけ
」ということからテストをおろそかにしてしまう、と
いう事例は周りで見かけたりしますし、自分自身も過
去にやってしまったことがありますし。

癖でもありますが、熟練技術者の持つ能力といっても
いいかと思います。

投稿: softest | 2006年10月11日 (水) 10:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/3754652

この記事へのトラックバック一覧です: テスターの条件:

« 組み合わせテストケース作成ツール(サンプル) | トップページ | Firefoxだと動かなかった。。。 »