« 社外の勉強会に参加 | トップページ | 3因子間組み合せのリストアップは意外に大変? »

テストの自動化の落とし穴

自動テストツール導入時の注意点 by ただいま修行中...

テストを自動化することで、生産性は向上するのか?

自動化に向くテストは、同じテストを繰り返し行うテストである。
自動化に向かないテストは、1回しか実施されないテストである。

(中略)

自動化することで、逆に効率が低下することもあるので、慎重に検討し、実施する必要がある。

テストを自動化することで得られる最も大きなテストは「回帰テスト」だと思っている。日々テストケースを積み上げていき、それを回帰テストという形で何度も繰り返すことで、一定の品質を低コストで保証できること。例えば製品として世の中に送り出してしまったら、はいそれまで、といったプロダクトに関しては、テストの自動化はあまり適さない。

先日の勉強会に参加していた方も「思ったよりも自動化によるコスト削減は望めないのが実情」といっていた。逆にテストの記録(テストスクリプトの作成)が第1回目のテストでは必要になるためコストがかさむ、という。世の中にはうまい話はないのだ、テストツールの宣伝文句を鵜呑みにしないように気をつけたほうがいいかも。

|

« 社外の勉強会に参加 | トップページ | 3因子間組み合せのリストアップは意外に大変? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/4086279

この記事へのトラックバック一覧です: テストの自動化の落とし穴:

« 社外の勉強会に参加 | トップページ | 3因子間組み合せのリストアップは意外に大変? »