« 考慮漏れのディメンジョン | トップページ | 風邪で寝込んだり »

バグの巣を探る - 「AgitarOne」for Java自動テスト生成

今日は社外の勉強会にはいけませんでした。残念!

==

自動テスト生成によって、既存コードの質を上げる--アジター社CEO語る by ITPro

これまでも、開発者はユニット単位で動作を検証するのが普通だった。しかしそれは、コードが「何をすべきか」ということについての検証しかしないことが多い。つまり、想定外のコードや例外となるケースのテストを記述するのは難しい。

(中略)

その通りだ。旧版に搭載していた「アジテーション」という、おかしな振る舞いをするケースを見つける機能を応用して、いろいろな入力データに対する出力結果のフローを見て、どのように振る舞うかを解析する。その結果からテスト・ケースとすべき状態を抜き出して、テスト・コードを自動生成する。

自動的にバグのありそうな条件を見つけ出すって、どうやってるんだろう?truss/strace/ltraceをして出現したシステムコールについて自動分析して怪しい条件を作成してるのかな?



--ほかのプログラミング言語へ対応することは考えているのか。

いや。全く考えていない。CやC++、Visual Basicはミッション・クリティカルな言語ではない。C#は可能性があるが、製品で対応しなければならないほどの市場ではない。

C言語も作ってください~~メールサーバとかけっこうミッション・クリティカルなものもありますよん。

|

« 考慮漏れのディメンジョン | トップページ | 風邪で寝込んだり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/4544828

この記事へのトラックバック一覧です: バグの巣を探る - 「AgitarOne」for Java自動テスト生成:

« 考慮漏れのディメンジョン | トップページ | 風邪で寝込んだり »