« タグチメソッド for ソフトウェアテスト ≠ HAYST法 と思ってます | トップページ | テスト駆動型開発(TDD)とグレーボックステスト »

[雑誌]日経SYSTEMS 2006年12月号 「特集2 勝ちにいく!ソフトウエア・テスト」

ソフトウェア関連の特集があったので。

==

Nikkei_systems_200612

日経SYSTEMS 2006年12月号

ソフトウェアテストで「敗北」するときのポイントである「有効打の不足」 「時間切れ」についての記事が載っている。各工程でのすすめ方とか、各技法についての詳細な記事ではないが、どの工程でどんなテストをしたらいいか、どんなテストの記述方法があるのか、などの概論がまとめられている。

直交表についても少し載っていたが、「単体テストで実施済み」というのは「単機能テストで実施済み」と同義ってことかな。

|

« タグチメソッド for ソフトウェアテスト ≠ HAYST法 と思ってます | トップページ | テスト駆動型開発(TDD)とグレーボックステスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/4436955

この記事へのトラックバック一覧です: [雑誌]日経SYSTEMS 2006年12月号 「特集2 勝ちにいく!ソフトウエア・テスト」:

« タグチメソッド for ソフトウェアテスト ≠ HAYST法 と思ってます | トップページ | テスト駆動型開発(TDD)とグレーボックステスト »