« [セミナー]ソフトウェア品質向上セミナー2007 | トップページ | [JaSST '07]第1日目 大盛況な賑わい »

FTFI -どうして2因子間網羅なのか-

しつこいようだが、ソフトウェアテストは、いかにして少ない手数で多くの欠陥を見つけるか、がキーである。

どこに欠陥が入り込みやすいか、という問いにはいくつかの解答があるだろうが、直交表・HAYST法・All-pair法などを勉強する場合、勘所は組み合わされる条件の個数になることが一般的。なぜか。

ソフトウェア・テストPRESSでもネットにも資料があるのだが、欠陥の多くは単因子の場合と2つの因子による場合とでほとんどが構成される。

Ftfi

(引用元: http://www.jasst.jp/jasst05w/pdf/S4-3.pdf)

ちなみに、NetscapeやApacheなどは2因子まででは欠陥混在数が収束せず、3因子の関係も考慮する必要があるプロダクトといえる。これはプロジェクトが大規模でメンバーが数多い場合には、多数因子の組み合わせでも欠陥が少なくない、との見方がされる。

2因子あるいは3因子までの組み合わせを考慮すれば、ほとんどの欠陥は検出できる、というのはこの経験則によるところが大きいと思われる。(田口博士による、バグの数は因子数で指数的に小さくなるという理論もあるかな)

==

ここからは私見。

All-pair法は2因子間網羅を特に意識しているが、テスト実施者=開発担当者であれば、2因子間網羅すら間引いてもいいんじゃないかって思う。抽象化・グルーピングによって2因子間網羅率は低下するだろうが、先の条件下であれば極端な品質低下にはつながらないし、効率もいいのかな、と。ホワイトボックス的なアプローチができるはずなので。


|

« [セミナー]ソフトウェア品質向上セミナー2007 | トップページ | [JaSST '07]第1日目 大盛況な賑わい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/5091521

この記事へのトラックバック一覧です: FTFI -どうして2因子間網羅なのか-:

« [セミナー]ソフトウェア品質向上セミナー2007 | トップページ | [JaSST '07]第1日目 大盛況な賑わい »