« デシジョンテーブルの結合をマトリックスにしてみる | トップページ | 無理をしないのが一番だ »

JaSST資料にあるカバレッジ表に近づいている?

ブログのデザインを変更したらコメントできなくなってしまった。。。ので記事としてアップ。

==

前の記事でコメントがあったとおり、#2は不要となる。それを確認するためにチェックリストをくっつけてみた。

Photo_3

論理展開式をどのテストケースがカバーしているかをチェックしてみた。なんだか、JaSSTの原因結果グラフのところのカバレッジ表に似てきた気もするが、気にしなーい。^^

#2がカバーしている論理展開式は他のテストケースによってカバーされていることがわかる。が、同時に#1でも同じことが言えるように見える。ただし、違うところは、もし#1をテストケースに含めないとすると、(年俸1000万円以上、セ・リーグ所属)=(T、F)という論理展開式のカバー数が1になってしまう点だ。(#2をテストケースに含めない場合はそういったことはない)

どちらをテストケースに含めない、としてもいいが、#2のほうがベター、といったところか。かな。

|

« デシジョンテーブルの結合をマトリックスにしてみる | トップページ | 無理をしないのが一番だ »

コメント

> カバー数が1になってしまう点だ。

はい。そういう微調整のため、JaSSTの資料では、展開論理式のカバー数を表に入れているんです。
#は一回だけ、xは複数回ということで調整しやすくしています。

投稿: あきやま | 2007年3月21日 (水) 11:42

>あきやまさん

少しだけカバレッジ表の意味がわかってきました。


投稿: softest | 2007年3月26日 (月) 12:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/5761412

この記事へのトラックバック一覧です: JaSST資料にあるカバレッジ表に近づいている?:

« デシジョンテーブルの結合をマトリックスにしてみる | トップページ | 無理をしないのが一番だ »