« 無理をしないのが一番だ | トップページ | [セミナー]第26回ソフトウェア品質シンポジウム »

新年度だ 静的テストだ

ずいぶんと間を空けてしまった。現在は少しずつ本を読んでるところ。今年に入って動的テストばっかりだったので、心機一転静的テストとかに目を向けようかな。レビューとかインスペクションって有名な本がけっこうあるけど、読んだことないや。まずは何を読んでみたらいいんだろうか。

  • 事前の自己レビュー

  • レジュメ

  • 機能のポイント

  • 実装のポイント

  • リスク(プロダクト)のポイント

  • テストのポイント

  • テスト方法
  • 思いついた単語を並べてみただけ。

    ==
    2007/04/05追記。
    静的テストといっても、新規システム開発バグ修正エンハンスで手法もかわってくる。列挙したのはバグ修正やエンハンスをイメージして書いた。

    |

    « 無理をしないのが一番だ | トップページ | [セミナー]第26回ソフトウェア品質シンポジウム »

    コメント

    レビューについて、私は非常に大変であると感じています。
    分厚いドキュメントを最初から読むのは非常に大変であるし、それによって矛盾を見つけることが出来るかといわれるとあまり効果がないように感じています。
    私のスキルが足りないこともありますが。

    レビューする箇所・しない箇所を明確にして、自動化できると非常にいいかなと感じています。

    投稿: ただいま修行中 | 2007年4月 6日 (金) 08:09

    >ただいま修行中さん

    コメントありがとうございます。
    レビューする/しないの切り分けは、誰もが本能的に行っている気がしますが、
    何か体系的ではないのかなあ、と思いました。ご指摘の通り自動化や体系化
    されるとレビュー品質もモチベーションも変わってくるのかな。

    あとはドキュメントに対してもテスト容易性といったものがあるのではないか
    なんて考えたりもしました。

    # レビュースキルは僕もまだまだです~^^;

    投稿: softest | 2007年4月 6日 (金) 10:08

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/5975274

    この記事へのトラックバック一覧です: 新年度だ 静的テストだ:

    « 無理をしないのが一番だ | トップページ | [セミナー]第26回ソフトウェア品質シンポジウム »