« どんな単体テストをしますか?その4 | トップページ | どんな単体テストをしますか? - for文のホワイトボックステスト »

どんな単体テストをしますか?その5

家から確認作業、夜は長いぞ。

==

どんな単体テストをしますか?その4の原因結果グラフを修正。

Daycountceg2

この分岐はいたってシンプルなので、こう眺めてみると原因結果グラフを明記しなくても、デシジョンテーブルに落とし込むことはできそだな。少し余裕が出たときにサンプルの関数全体をホワイトボックステストで設計するのと、グレーボックステストで設計するのをやるかな。グレーボックステストは今までのまとめっぽいけど。

==

例のMC/DCについて。まだ読み中。

Photo
引用:NASA/TM-2001210-876, A Practical Tutorial on Modified Condition/Decision Coverage

MC/DCというカバレッジ基準は図にあるように比較的高レベルなカバレッジ基準といえる。他の資料には、高信頼性を求めるシステム、リアルタイム性が求められる組込み系ソフトウェアなどで使われるらしく、この引用元も米国の航空・宇宙関連システムにおける資料のようだ。ただし、「ここの条件が独立して結果に影響を及ぼす」ことを示すためのカバレッジという点では、原因結果グラフでの網羅を意識した設計が、とても似ていると感じた。(n個のAND条件では、n+1回の条件、など)

もう少し読み込んでみようっと。

|

« どんな単体テストをしますか?その4 | トップページ | どんな単体テストをしますか? - for文のホワイトボックステスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/6520028

この記事へのトラックバック一覧です: どんな単体テストをしますか?その5:

« どんな単体テストをしますか?その4 | トップページ | どんな単体テストをしますか? - for文のホワイトボックステスト »