« [本]ヒューマンエラーを防ぐ知恵 | トップページ | どんな単体テストをしますか?その4 »

どんな単体テストをしますか?その3

アバウトミーをはじめました。

==

さて、単体テストをブラックボックステスト、ホワイトボックステスト、などの視点で考えてみようとしているわけですが、前回の「ホワイトボックステストの視点」では「ステートメントカバレッジ」を基準にしたため、テストパターンが限られてしまった。

では、今回は「マルチコンディションカバレッジ」を基準にしてみようかな。

Daycount7

うーむ。。。いきなり6つも条件が。めんどくさい。2の6乗=64通りってことになるけど。一番最初のブラックボックステストの観点でこの部分は10通りだったしな。これは、怠けてもいいのだろうか。

|

« [本]ヒューマンエラーを防ぐ知恵 | トップページ | どんな単体テストをしますか?その4 »

コメント

> これは、怠けてもいいのだろうか。

原因結果グラフを使って是非怠けて(正しい手の抜き方をして)ください。

「year2100」等が原因ノードとなって、year, month, day毎にEXC制約が加わっている原因結果グラフを書いてテストケースを洗い出してみて、ブラックボックスと比較してみてください。

投稿: あきやま | 2007年5月19日 (土) 06:37

書き忘れですが、原因結果グラフから出した条件のカバレッジは「マルチコンディションカバレッジ」ではなく、MC/DCカバレッジ相当になります。

以前リンクを張られていた、
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/lecture/20070209/261626/
の表の5行目にあたります。

投稿: あきやま | 2007年5月19日 (土) 07:35

>あきやまさん

コメントありがとうございます。原因結果グラフの練習もしてたので
実践してみますー。

あと、MC/DCカバレッジというのは読み飛ばしていたようです。
自分で調べてみて、記事にできたらと思います。

投稿: softest | 2007年5月19日 (土) 16:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/6469008

この記事へのトラックバック一覧です: どんな単体テストをしますか?その3:

« [本]ヒューマンエラーを防ぐ知恵 | トップページ | どんな単体テストをしますか?その4 »