« 実施不足と考慮漏れと自動化と | トップページ | どんな単体テストをしますか? - for文のホワイトボックステスト その2 »

[本]マインドマップから始めるソフトウェアテスト

もうすぐでますね、マインドマップ+ソフトウェアテスト本。発売日は6/22です。

ソフトウェアテスト専門誌「ソフトウェア・テストPRESS」の特集「マインドマップからはじめる~」が書籍化。マインドマップ(マインドマッピング)とはトニー・ブザンが提唱するブレーンストーミングの一種で、中央から枝を伸ばしていく形で発想を図式化していく記法。フィッシュボーンチャートに形は似ている。

「テストする」とは単に与えられたプロダクト・サービスを試しに使ってみて問題ないかどうかを検証するだけに思われがち。でも、このブログでいろいろ小難しいことを記録しているように、「いかに効果的に」「以下に効率的に」「いかにムラなく」テストするか、と考えるとなかなか奥が深い。(ムラというのはテスト網羅性と実施者のスキルによらない、という意味も含めて)

そこで巷では結構有名なマインドマップという手法をソフトウェアテストに適応させたのが、この本。どちらかというとソフトウェアテストの初心者向け・ABC的な切り口なので、これから勉強しようと考えている方々にも、これからテスト技術者を育てようとしている方々にも、また再勉強を考えている方々にもすすめられそうな気がします。(僕もまだまだ未熟なれどもマインドマップをテスト設計に適応してみたりしてる口です!)

んで、マインドマップとソフトウェアテストの親和性についての私見。トニー・ブザンのルールには含まれていないが、マインドマップではMECEであることが重要(特にメインブランチ)。このMECEさがソフトウェアテストの網羅性や効率性に大きく貢献できる要因ではないか、と。

この本のために有志によるマインドマップ+ソフトウェアテスト勉強会があったのだが、都合がつかず不参加だったのが、ザンネン!!

発売したら早速買って読んでやる!

==

そういえばPRESS3巻とかにもあったにしさんのNGTもブレーンストーミングのロジックツリーに形が似てたなあ。



↑マインドマップを使ってテスト設計まで


↑続編。テスト設計からテストケース・テストプロシージャに落とし込むところ


↑同時期に発売のマインドマップ本。JUDE。

|

« 実施不足と考慮漏れと自動化と | トップページ | どんな単体テストをしますか? - for文のホワイトボックステスト その2 »

コメント

ご紹介ありがとうございます!
時期的に新人配属の頃だと思いますので、そういった新人君達にまず読んでもらいたいと思っています。
そのために、がんばって発売を間に合わせました。

勉強会の模様はテストPRESSのvol.5の記事になる予定です。
こちらもお楽しみにされてくださいね。

投稿: いけどん | 2007年6月16日 (土) 15:12

>いけどんさん

コメントありがとうございます。
テストPRESSのvol.5も期待、ですね。(vol.5のメインテーマは何だろ??)

投稿: softest | 2007年6月16日 (土) 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/6803684

この記事へのトラックバック一覧です: [本]マインドマップから始めるソフトウェアテスト:

« 実施不足と考慮漏れと自動化と | トップページ | どんな単体テストをしますか? - for文のホワイトボックステスト その2 »