« より良いテストを実現する企業文化 | トップページ | [試験]JSTQB認定テスト技術者資格 8/25 »

[本]マインドマップから始めるソフトウェアテスト、届きました

ソフトウェア・テストPRESSからのスピンオフ、「マインドマップから始める~」が技術評論社から出ました。

第1部では、ソフトウェアテストって?マインドマップって?といった基本的な紹介。品質と健康とを対比した説明はテストPRESSにも見られましたね。

第2部では、多くのページ数をさいて、実際のソフトウェア開発のケースを例にしてマインドマップを使ったソフトウェアテスト(仕様分析~テスト報告)の段取りがわかりやすく解説されています。テストPRESSでは、テスト設計からテストケース作成までの解説のみでしたが、書籍化されたことによってそれ以外の応用についても言及されています。本書は新人クン向けでもあるが、「テストカテゴリ」やIEEE829「テスト計画書テンプレート」などは、僕も勉強になるし、ナゼその項目が必要なのか、必要でないのか、などを再学習できた。負荷テストについての創発がメインで取り上げられていたが、負荷テストにマインドマップのようなブレーンストーミングを取り入れたことがなかったので、再度じっくり読んで、活用できないか検討してみようっと。

第3部はデジタルツールについての紹介。僕も最近はFreeMindを使ってみるようにしたけど、イマイチスピーディーに使いこなせていない気がする。やはり手書きが一番か??

第4部は本書のまとめ。「気づき」を得ることが第一。フランクリンコビーの研修でもこのマインドマップをツールとして紹介していたし、「気づき」を大切にするという共通点があると思う。

==

まあ、当たり前のことだけど、テスト設計でマインドマップをすると、たいていブラックボックス的なブランチが多くなりがち。ホワイトボックステストの設計って直感的・経験的なブラックボックステストよりも難しいって話を聞いたことがあるけど、この方面でもマインドマップって活用できないかなあ。例えばモジュール設計で、カバレッジしやすい設計をするために、マインドマップでカバレッジしにくい箇所を特定して、対策を考えるとか。うーむ。


|

« より良いテストを実現する企業文化 | トップページ | [試験]JSTQB認定テスト技術者資格 8/25 »

コメント

感想ありがとうございます!

「マインドマップから」とついていますので、マインドマップに目が行きがちですが、テストのライフサイクルの解説書という目でもう一度読み直していただけると新たな発見があるかもしれません。
マインドマップというキャッチーな切り口をつかってますが、テスト本としては内容は硬派だと思ってます。(^-^;

おそらく、マインドマップ部分をはずしたとしても、仕様分析~テスト報告というフレームワークを導入することでテストプロセスの改善にも利用できると思います。

ともあれ、いろいろと活用していただければ幸いです!

投稿: いけどん | 2007年6月29日 (金) 10:37

>いけどんさん

おっしゃるとおりマインドマップ抜きにしても、他のテスト本のように
テスト全体を網羅していて、2度おいしい感じです。

マインドマップってテスト/開発だけじゃなくメモや議事録でも
よく使われるし、テストに興味がなかった人に読んでもらうのも
いいかしら。

投稿: softest | 2007年6月29日 (金) 23:00

> マインドマップってテスト/開発だけじゃなくメモや議事録でも
よく使われるし、テストに興味がなかった人に読んでもらうのも
いいかしら。

はい、そういう方にも読んでいただけるように配慮しているつもりです。読み物として気軽に読んでいるうちに、知らず知らずにテストの知識が増えているといいなぁと思いますね。

…そうなるといいんですけど。(^-^;

投稿: いけどん | 2007年7月 4日 (水) 17:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/6953648

この記事へのトラックバック一覧です: [本]マインドマップから始めるソフトウェアテスト、届きました:

« より良いテストを実現する企業文化 | トップページ | [試験]JSTQB認定テスト技術者資格 8/25 »