« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

HAYST法のサイト

何気なく検索したら、HAYST.comという秋山氏のサイトを発見。
HAYST法や直交表は網羅のための網羅。CEGやCFDは検出のための網羅。ってイメージ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

[書籍]ソフトウェアテストHAYST法入門

さてさて、でますよ。HAYST法+直交表本。

きました。直交表についての書籍はいろいろ出版されているけど、ソフトウェアテストへの応用に特化したのは、あんまり見かけないかな。これは、必読でしょ。HAYST法ともなると、ウェブ上のJaSSTの資料とテストPRESS2巻くらいしかお目にかかったことがないや。ちょー楽しみ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[書籍]エンジニアマインド Vol.5 テストエンジニアの魅力に迫る

このところソフトウェアテスト関連の書籍や雑誌・特集が多いなあ。でも楽しみでもある。

==

エンジニアマインドでテストエンジニアについての特集があったので一読。豆蔵の大西さん、「マインドマップから~」の池田さんが寄稿。

単体テストや結合テストは開発担当、システムテストや受け入れテストはテスター。という分業が一般的ではあるが、どちらかというと後者についてはマイナスイメージが多い。だけれど、最近は少しずつ光が当たってきているんじゃないかと思ってます。じゃあ、テストに携わるエンジニアってどんな人たち?というのを特集しています。作る側のスキルアップはけっこう花形だし、社内にもけっこう学べる環境が整っていたりするけど、テストエンジニアはやはり外に出たり、いろいろ実験してみないとわからないことが多い。「テストエンジニアとしてさらにレベルアップ!!」にあるとおり、コミュニティの活用、シンポジウムやセミナーに参加、資格試験に挑戦、というのはモチベーションの維持にも、ノウハウの吸収にもグッドな道ですね。僕の場合はこのブログを通じて、(初心者なので恥も含めて)自分の経験や実践をメモしていくこと、セミナーや勉強会で社外の情報を得ること、書籍でいろいろな技術・トレンド・意見などを得ること、を実践しています。

資格について言えば、JSTQBのFundation Levelは本書で池田さんのおっしゃるとおり、「知識の確かめ」レベルですね。AdvanceやExpertはおそらく実践的であり、腕試ししてみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[書籍]ソフトウェア・テスト PRESS Vol.5 (予約開始)

いつの間にかにしさんのブログがはじまってた。

==

先月発売された「マインドマップから始めるソフトウェアテスト」でおなじみのマインドマップに関連した記事もあるとか。4号から間髪あけずにって印象だけど、実はきちんと半年ぶりなのか。エンジニアマインド最新号については読んでから記事載せようっと。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[試験]JSTQB認定テスト技術者資格 8/25

結婚式を済ませて、今日は妻の誕生日。久しぶりの更新だ。

==

ずいぶん前のメルマガに掲載されていたが、第3回のJSTQB試験があるそうな。テスト技術者というキャリアが世間ではどう認識されているかが受験者数でわかったりして?


===================================
☆★ JSTQB認定テスト技術者資格 第3回 Foundation Level試験 ☆★
             受験者募集のご案内

主催:JSTQB(Japan Software Testing Qualifications Board)
実施:財団法人 日本科学技術連盟
===================================

自動車、携帯電話、社会インフラ、企業システムなど、我々の身の回りは、ソフトウェアで占められています。すなわち、我々の身体や財産の安全はソフトウェアに委ねられているのです。しかし昨今の状況を鑑みると、ソフトウェアの品質や信頼性、安全性が十分に確保されているとは言えません。ソフトウェアの品質や信頼性、安全性の確保は急務なのです。

そのための重要な技術として、ソフトウェアテストがあります。システムトラブルの報道でしばしば目にする「テスト不足」というキーワードは、テストの工数の不足を示唆しているだけではありません。業界全体で、テストの技術力が低迷していることを意味しているのです。我々の身体や財産を守るために、ソフトウェア技術者全員が、テスト技術を向上させなくてはなりません。

業界全体で技術力を向上する手段の一つに、資格認定制度があります。JSTQB(Japan Software Testing Qualifications Board)では、日本のソフトウェア技術者がテスト技術を向上させるきっかけとして、テスト技術者の資格認定制度を開始いたしました。現在は、毎年夏と冬にFoundation Levelの資格認定を行っております。

JSTQBのテスト技術者資格は、ISTQB(International Software Testing Qualifications Board)を通じて、アメリカやイギリス、ドイツなどのISTQB連携のテスト技術者資格と相互認証を行っています。JSTQBと日本科学技術連盟で、パートナーシップを結んで資格認定試験を実施しています。

我々の身体や財産を守るために、また日本のソフトウェア業界の技術力向上のために、ぜひ多くのソフトウェア技術者にJSTQBテスト技術者資格を取得して頂きたいと考えております。皆様のチャレンジをお待ちしてます。

■実施要領
 ◎日時:2007年8月25日(土) 14:00〜15:00
◎会場:東京・財団法人 日本科学技術連盟 ビル
      大阪・中央電気倶楽部
      札幌・TKP札幌会議室
      名古屋・愛知県青年会館
◎受験料:21,000円(税込み)
 ◎申込締切:8月10日(金) 12:00 必着

▼詳細はこちらから
   http://jstqb.jp/
▼受験申込みはこちらから
 http://www.juse.or.jp/software/study_JSTQB.html

お問い合せ先
財団法人日本科学技術連盟
事業部クオリティマネジメント1課 JSTQB資格試験担当
E-mail:juse-query@juse.or.jp



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »