« 禁則を勉強して、実践へ その2 | トップページ | 禁則を勉強して、実践へ その4 »

禁則を勉強して、実践へ その3

久しぶりの更新。明日の朝は雨かあ。

==

禁則を勉強して、実践へ その1
禁則を勉強して、実践へ その2
の続き。

前回2因子間網羅率が56%になってしまって、どうしたもんかと悩んでいましたが、コメントにもあるとおり、指標としては「抽象化した状態での網羅率」を意識すれば十分であるとのこと。「ソフトウェアテストHAYST法入門」にも書いてありました。

なので総当り表を書き換えてみるとこんな具合。

2


次は、メールサーバーの設定について考えてみる。
1

送信メールサーバーはテキスト入力なので、正常系(=smtp.nifmail.jp)正常エラー系(=存在しないドメイン名、smtp.softest.jpとか)空欄として3水準としよう。受信メールサーバー同様に正常系(=pop.nifmail.jp)正常エラー系(=存在しないドメイン名、pop.softest.jpとか)空欄3水準メールアカウントは「softest@nifmail.jp」「softest@gmail.com(ドメイン名と異なるメールアドレス)」「softest@softest.jp(存在しないメールアドレス)」「空欄」の4水準パスワードは「正しいパスワード」「間違ったパスワード」「空欄」の3水準パスワードを保存するチェックボックスは「ON」「OFF」の2水準

さあ、やっとこさ禁則の登場。
Photo

受信したメールをサーバ上に残すONにすると、一定期間置いてから削除するを選択でき、それをONにすると、X日後の値を設定できる。これは禁則グラフ・禁則マトリックスを使ってみよう。禁則とは何かというと、「ありえない水準の組合せ」といっていい。この考慮は非常に重要で、複雑なシステムにHAYST法を適用しようとする場合、この禁則の考慮がされないと、まったくテストができなくなることがある。

1_2
2_2

禁則グラフを作ってみると、最後の日数を指定する因子については若干網羅率・出現率が低下するだろう。

1_3

割付については次回へ。もう眠たいので。

|

« 禁則を勉強して、実践へ その2 | トップページ | 禁則を勉強して、実践へ その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/7906384

この記事へのトラックバック一覧です: 禁則を勉強して、実践へ その3:

« 禁則を勉強して、実践へ その2 | トップページ | 禁則を勉強して、実践へ その4 »