« 制約条件からデシジョンテーブルを埋めていく | トップページ | テストのさしすせそ »

ceg2dtツール - 65%くらい完成

今日は深夜メンテナンス。少し休憩。

==

原因結果グラフをデシジョンテーブルにするツールを勉強のために作成しているが、6割くらいできた。未実装なのは、

  • 制約条件(REQとMASK)

  • Tとt、Fとfの違い

  • 最適化
  • 何とかなりそうな気がしているが、コードがまったくエレガントではないし、長い。。。。

    1. サンプル1:チケットの学割
    2. デシジョンテーブル(2) - たまゆら雑記の例を使わせていただきました。 Ceg2

      この例だと、なんかあってそうな感じ。でもよくみると、偏ってる。#5は「埼玉に在住でない」「学生証を提示していない」のほうがベターか。

    3. サンプル2:ログイン画面

    4. 原因結果グラフ - 論理点カバレッジの解剖の例を使ってます。
      Ceg3

      これは、マス目の埋まっていないところの決め方が偏っているため、テストケース数が多い。最適化の課題か。

    5. サンプル3:結婚

    6. 結婚できるかどうかの原因結果グラフ。
      Ceg4

      一見うまくいってそうだが、「16歳以上」「18歳以上」の組み合わせが矛盾。制約条件が中途半端だから。

    |

    « 制約条件からデシジョンテーブルを埋めていく | トップページ | テストのさしすせそ »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/10786397

    この記事へのトラックバック一覧です: ceg2dtツール - 65%くらい完成:

    « 制約条件からデシジョンテーブルを埋めていく | トップページ | テストのさしすせそ »