« 原因結果グラフ - 論理点カバレッジの解剖 | トップページ | 原因結果グラフ→デシジョンテーブル(途中までツール化) »

Don't write redundant tests, and don't write too few tests. - テストは無駄なく漏れなく

昨日は社内では改正される特電法のお勉強会。社外ではWeb自動テストツールのお勉強会。

==

TotT: Too Many Tests by Google Testing Blog

単純な処理を例に挙げて、「テストケースが非常に多いこと」の考察をしている。int型の単純なべき数(=2^32のパラメータ数分のべき)では、多すぎる。条件分岐がTrueの場合とFalseの場合の2通り(100%ステートメントカバレッジ)は、少なすぎる。境界値と同値クラスを考慮した場合も、少し多そう。最後は、条件分岐(OR条件)がTrueになる場合(=3通り)とFalseになる場合(=1通り)を考え、そのサブ処理で各2通りを考えた10通り。


|

« 原因結果グラフ - 論理点カバレッジの解剖 | トップページ | 原因結果グラフ→デシジョンテーブル(途中までツール化) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/10679136

この記事へのトラックバック一覧です: Don't write redundant tests, and don't write too few tests. - テストは無駄なく漏れなく:

« 原因結果グラフ - 論理点カバレッジの解剖 | トップページ | 原因結果グラフ→デシジョンテーブル(途中までツール化) »