« [例題]分析する - マインドマップ版 | トップページ | [例題]同値分割・境界値分析観点でテスト設計する »

[例題]単機能テストを設計する

1. [例題]テニスのスコアボード
2. [例題]分析する - 3色ボールペン版
3. [例題]分析する - マインドマップ版

仕様分析からテスト設計へ。まずは、単機能テストの設計をしてみる。
・・・
・・・
ふと、単機能テストを検索してみると、けっこう「単機能テスト単体テスト、コンポーネントテスト」という記述があったりする。単なる用語の使い方の違い、という考え方もあるけれど、僕の認識では、単機能テストと単体テストは違うテストと思う。単体テストの目的は、「関数・メソッドといった”システムの一部”が正しく実装されているか」であり、やり方によっては組み合わせテストも含まれるし、主にホワイトボックステスト(あるいはグレーボックステスト)で設計されることが多い。一方、単機能テストの目的は「機能が単独で正しい動作をするかどうか」であり、組み合わせテストを含まず、実行結果が注目されるテスト。ブラックボックス的。

# 当然、後者の意味で「単体テスト」と表現する場合もありました。

などと思いをめぐらしながら、例題の単機能テストへ。



  1. 電源ボタン
  2. 仕様をみてみると、
    Photo
    電源の切り替えができるかどうかが単機能テストであろう。
    Photo


  3. リセットボタン
  4. 仕様より、
    Photo_2
    電源ONの状態で、画面がリセットされるかどうかが単機能テスト。
    Photo_3


  5. ポイント(上)ボタン
  6. ポイントボタンは仕様がやや複雑であるが、ここではもっとも基本的な動作である、電源ONの状態で、上のプレイヤーのPOINTSが追加されるかどうかを単機能テストとする。GAMESおよびSETSへの反映パターンはここでは考慮しない。という方針。
    Photo_4


  7. ポイント(下)ボタン
  8. ポイント(上)ボタンと同様。
    Photo_5

こんな感じ。このスコアボードはボタンが4つしかなく、減点機能がないため、これらのテストケースの実施順序は最終的に変更する予定。


|

« [例題]分析する - マインドマップ版 | トップページ | [例題]同値分割・境界値分析観点でテスト設計する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/10411009

この記事へのトラックバック一覧です: [例題]単機能テストを設計する:

« [例題]分析する - マインドマップ版 | トップページ | [例題]同値分割・境界値分析観点でテスト設計する »