« 原因結果グラフを解剖 - 制約記号 | トップページ | [例題]単機能テストを設計する »

[例題]分析する - マインドマップ版

例題を作って、テスト設計をしてみる。

  • [例題]テニスのスコアボード

  • [例題]分析する - 3色ボールペン版
  • ==

    Tennisscoreboardmm_2

    マインドマップから始めるソフトウェアテストでは、仕様分析~テスト計画~テスト設計~といった流れで、マインドマップをツールとして利用している。ここでは仕様分析+アプローチといったニュアンスでマインドマップを使ってみた。各メインブランチにふれてみると、

  • 単機能テスト
  • ここでは、ボタンを押すと仕様どおり(電源が切り替わったり、ポイントが増えたり)動作することを確認すること。スモークテスト的なテストでもいいかも。

  • 同値・境界値テスト
  • ポイント数、ゲーム数、セット数。ゲームが終わるとき、セットが終わるとき、試合が終わるとき。表示の桁数などなど。

  • 状態遷移テスト
  • 業務シナリオテストに近いイメージ。実際の試合を想定した利用。効果的、効率的なテストを目指す。

  • 組み合わせテスト
  • この状況でこのボタンを押したら、こうなる。

  • テストしない
  • ソフトウェアテストの例題なので、外部環境はできないですね。あと、数字がちゃんと表示されるか。とか。

  • テニスのルール
  • スコアのつけかたって、意外に複雑なのだよ。15ずつ増えたり、増えなかったり。タイブレークがあったり、なかったり。

    こういうのって数をこなしていくことも重要なのかな。ここ何日かは通勤バスの中でテキストを読んで復習してます。


    |

    « 原因結果グラフを解剖 - 制約記号 | トップページ | [例題]単機能テストを設計する »

    コメント

    しっかり勉強されているようで、すごいですね!私も「マインドマップから始めるソフトウェアテスト」を読んで、仕事でもFreeMindでテストの設計をするようになりました。

    ちょっと本質とは関係ないのですが、FreeMindの最新のベータ版(1.9.0beta15)は素敵ですよ!
    http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=7118&package_id=188772

    まだ、日本語化されていないメニューなども残っていますが、[書式]-[自動レイアウト]の機能を使うと、手書きのMind Mapのように、自動でメインブランチの線が太くしたりすることができます。

    投稿: Toshiyuki Kawanishi | 2008年2月10日 (日) 00:33

    >Toshiyuki Kawanishiさん

    ありがとうございます~。
    マインドマップはFranklinCoveyの研修を受講して知りましたが
    ちょうどそのとき購入したテストPRESSの記事をみて、興味を
    持ちました。

    ベータ版、手書き感がいいですね~。

    投稿: softest | 2008年2月10日 (日) 01:20

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/10346552

    この記事へのトラックバック一覧です: [例題]分析する - マインドマップ版:

    « 原因結果グラフを解剖 - 制約記号 | トップページ | [例題]単機能テストを設計する »