« 原因結果グラフ→デシジョンテーブル(途中までツール化) | トップページ | ceg2dtツール - 65%くらい完成 »

制約条件からデシジョンテーブルを埋めていく

今日はお風呂を掃除して、近所のスタバのドライブスルーでラテ買ってきて、和室でお勉強。amazonから本も届いたし読むかな。

==

原因結果グラフを元にしてデシジョンテーブルを作成していく手順を自動化して、理解を深めようとしてるのだが、以下の例でいろいろ考え中。
Ceg2
Ceg

  • 制約条件(男性と女性)

  • まずは、3つのテストケースを列に組み込んでみた。これは論理接点1~3について、行列を転置したもの。ここで、制約条件(「男性」「女性」はONE制約)から、空欄となっている原因ノード「女性」は自動的に決定される。

  • 制約条件(年齢)

  • 原因ノード「18歳以上」がTrueである場合は、もうひとつの原因ノード「16歳以上」も自動的に決定される(REQ制約)。んー、年齢は「15歳以下」「16歳か17歳」「18歳以上」にしたほうがよかったかな。


    たぶん、こういうようにTrue/Falseを決定しつつ、カバレッジ率をあげて、未確定のマス目も埋めていく感じですすめていくかな。

    |

    « 原因結果グラフ→デシジョンテーブル(途中までツール化) | トップページ | ceg2dtツール - 65%くらい完成 »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/10728803

    この記事へのトラックバック一覧です: 制約条件からデシジョンテーブルを埋めていく:

    « 原因結果グラフ→デシジョンテーブル(途中までツール化) | トップページ | ceg2dtツール - 65%くらい完成 »