« コードカバレッジのまとめ | トップページ | ソフトウェアテストのいろは(実体験編) - あるある »

ソフトウェアテストのいろは

確定申告すませた。けっこう人が多かったなあ。

==

4月に入社する新テストエンジニアや、これからバリバリ勉強する初心者にむけたソフトウェアテストの「いろは」が、まとめられています。

ソフトウェアテストのいろはかるた by HAYST法

キーワードがわからなかったら、それについて調べていく、なんて勉強の進め方もできそうだ。僕がソフトウェアテストを勉強し始めたころだと、半分もキーワードがわからなかったな。8時間の集中力、自分にはあるのだろうか。。。

|

« コードカバレッジのまとめ | トップページ | ソフトウェアテストのいろは(実体験編) - あるある »

コメント

> 8時間の集中力、自分にはあるのだろうか。。。

これは、1日8時間より長く仕事をしても、仕事の質が下がるという意味です。

仕事の質が下がれば、プログラマならバグを作り込むという負の仕事をしてしまいます。
つまり、多く働いてもトータルで見たら、バグ修正に必要な余計な手間を増やしているということも出来るということです。

テストエンジニアも同様で、バグを見落とすといったことになるでしょう。

投稿: あきやま | 2008年3月13日 (木) 14:29

>あきやまさん

あー勘違いしてました^^;
バグの局所化とかいいますが、時間軸で見たら
バグの生まれる時間帯も局所化してたりして。

「バグの見落とし」は耳が痛い(><)

投稿: softest | 2008年3月13日 (木) 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/11272230

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトウェアテストのいろは:

« コードカバレッジのまとめ | トップページ | ソフトウェアテストのいろは(実体験編) - あるある »