« [イベント]JaSST'11 新潟開催!(2/18) | トップページ | 原因結果グラフの演習でコツをつかもう »

JaSST'11 Tokyo にて「CEGTest」を使って発表してきました。

マイコミジャーナルに記事として取り上げていただきました。

【レポート】「CEGTest」開発者が語る、原因結果グラフ技法の応用テクニック - JaSST


1月25-26日、東京都目黒区の目黒雅叙園にてソフトウェアテストをテーマにした技術カンファレンス「JaSST(Japan Symposium on Software Test) 2011」が開催された。ここでは、25日の午後に行われたニフティ 加瀬正樹 ...... Read more

この場を借りて、発想やアドバイスをいただいた秋山さん、にしさんに御礼したいと思います。

原因結果グラフは、基本的にはツリー構造になっていて、その枝分かれしている中間ノードに着目すると、分割(partitioning)やズームアウトができる、というのが今回の論文の発想です。規模に応じてテスト対象を分割する手法はにしさんのスライドなどによく登場しますし、秋山さんのソフトウェアテストHAYST法入門ではズームインとともにズームアウトが紹介されています。今回、明確な定義を与えて、原因結果グラフを分割し、どんな効果があるかなどを考察しました。考え方自体は、原因結果グラフに特化したものではないので、もう少し考えてみたい。

分割可能点の多い少ないでグラフの複雑度が数値化できるかなあ。


|

« [イベント]JaSST'11 新潟開催!(2/18) | トップページ | 原因結果グラフの演習でコツをつかもう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/38700561

この記事へのトラックバック一覧です: JaSST'11 Tokyo にて「CEGTest」を使って発表してきました。:

« [イベント]JaSST'11 新潟開催!(2/18) | トップページ | 原因結果グラフの演習でコツをつかもう »