« JaSST'11 Tokyo にて「CEGTest」を使って発表してきました。 | トップページ | [書籍]ソフトウェアテスト技法ドリル -立体で捉える- »

原因結果グラフの演習でコツをつかもう

先日2/7に、TEF主催の第3回「ソフトウェアテスト技法ドリル」勉強会がありました。

勉強会は「原因結果グラフ」をテーマにして、講義と演習の2時間でした。2年前に同じようにTEF主催で原因結果グラフ&デシジョンテーブル勉強会をしたときは、講義と演習を用意して全4回(のべ8時間)とかなりヘビーなものでした。ということで、今回はテキストであるドリル本と予習問題を用意して、事前に参加者に学習をしてもらってかなり時間短縮できました。

でも、参加者によってはついていけなかったり、会場ででてきた質問もあまり理解できなかった、といった声も少し聞かれました。ということで、2年前の勉強会で扱った例題・演習問題・宿題をまとめて、参加者の理解度に応じて解いていけるようなページを作ろうと思いました。(アイデアは秋山浩一さん)

原因結果グラフの演習

今のところ、問題数は18問。半分の9問については、解答例を付けました。あとで自分なりの解説も付けようかとは思っていますが、鈴木三紀夫さんが解説ページをつくるかも?!

たまゆら雑記

# このブログタイトルは、テスト技法を勉強している人には有名ですよね。デシジョンテーブルを勉強すると、この名前の旧ブログにたどり着きますから!


ということで、完成までは今しばらくお待ちくださいm(_ _)m

|

« JaSST'11 Tokyo にて「CEGTest」を使って発表してきました。 | トップページ | [書籍]ソフトウェアテスト技法ドリル -立体で捉える- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/38829156

この記事へのトラックバック一覧です: 原因結果グラフの演習でコツをつかもう:

« JaSST'11 Tokyo にて「CEGTest」を使って発表してきました。 | トップページ | [書籍]ソフトウェアテスト技法ドリル -立体で捉える- »