« CFD法を学ぶ、第4回「ソフトウェアテスト技法ドリル」勉強会 | トップページ | CFD法で同値図の順序を変えてみた »

CFD法の同値図の順序を考える

CFD法は、処理順序を AND とみなして、同値図を横に並べる。テストエンジニアではなく、設計も担うエンジニアの場合は、CFDを描きながらよりよいプログラム設計を作れる可能性がある。具体的な例を使って、処理順序がデシジョンテーブルにどんな形で影響を及ぼすかを考えてみたいと思う。

横浜ベイクォーターの駐車場料金の無料サービス
横浜ベイクォーターと隣接する横浜そごうで買い物をする無料になるシステム。

1.横浜ベイクォーター 1店舗3,000円(税込)以上のお買上げで1時間無料 ※駐車券を売場でご提示ください。 2店舗目以降も各店舗3,000円(税込)以上のお買上げで 1時間の駐車サービス券をお渡しします。

2.そごう横浜店
2,000円(税込)以上のお買上げで1時間30分無料
※駐車券を売場でご提示ください。

続きはまた今度。

|

« CFD法を学ぶ、第4回「ソフトウェアテスト技法ドリル」勉強会 | トップページ | CFD法で同値図の順序を変えてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/39479153

この記事へのトラックバック一覧です: CFD法の同値図の順序を考える:

« CFD法を学ぶ、第4回「ソフトウェアテスト技法ドリル」勉強会 | トップページ | CFD法で同値図の順序を変えてみた »