« [雑誌]ソフトウェア・テストPRESS 総集編 | トップページ | 出力の組合せ »

第6回「ソフトウェアテスト技法ドリル」勉強会 - ペアワイズ

今週末は台風12号の影響で大雨や交通機関の乱れが見られましたが、9/2(金)の勉強会は開催されました。

第6回「ソフトウェアテスト技法ドリル」勉強会
http://atnd.org/events/18949

ツイートのまとめ
http://togetter.com/li/182805


今回も講義担当・演習担当のお二人にご協力をいただきました。jp_watanabe さん、tosikawa さん、ありがとうございました。演習では、スターバックスコーヒーのメニューと注文方法についての組合せが題材でした。

マイフラペチーノ
http://www.starbucks.co.jp/customize/frappuccino/

ベースとなるフラペチーノによって、コーヒーの量やミルクの量、カスタマイズができたりします。今回はペアワイズ法の勉強なので組合せを実際に作ってみようということでしたが、「何をテストするのか」によって実施したいテストが違ってきます(秋山さんも当日おっしゃっていました)。ということで、僕がいくつか想定した検証目的を書いてみます。

店員の教育テスト
メニューを覚えたか、それぞれのフラペチーノに対してどんな変更やカスタマイズが可能かどうかを覚えているかを確認するための組合せテストが考えられます。この場合は、ありえない組合せも考慮して、被験者が「その変更はできない」と判断できるかも確認すべき事項になってきます。コーヒーの量、ミルクの量、全てのカスタマイズに対して組合せを作成して、いくつか試験するのがよさそう。

食券システムのテスト
スターバックスは食券システムではないですが、学食や牛丼チェーン店のそういうシステムのテストはありえそう。この場合は、食券が正しく印刷されるか、選択したフラペチーノに対して可能な変更ボタンが有効になるかどうか等を確認したい。組合せテストともに、論理関係を考えたテスト(制約を含む)も一度検討したほうがよいと思います。入金の金額や釣銭状態もも条件に含まれそう。

味のテスト
変更やカスタマイズを組み合わせて、仕様となる禁則を決定するためのテスト。少ない組合せ数で、お客様に提供できないような味になりそうな組合せを見つける、といった目的になるでしょうか。


それにしても、こんなカスタマイズは今まで注文したことがないです^^;

|

« [雑誌]ソフトウェア・テストPRESS 総集編 | トップページ | 出力の組合せ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/41491221

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回「ソフトウェアテスト技法ドリル」勉強会 - ペアワイズ:

« [雑誌]ソフトウェア・テストPRESS 総集編 | トップページ | 出力の組合せ »