« ハレルの状態遷移図 statechart を勉強する | トップページ | 技と術と芸で考えるソフトウェアテスト »

シーケンス図を使ったステートチャートの作成(1)

状態遷移図・ステートチャートをシーケンス図から設計する手法があるようです。

モデル検査法
http://apal.naist.jp/~seki/Japanese/ss/2011-2.pdf

例に挙げているのは通信プロトコルのモデル化で、

(1) 正常系のシーケンス図の作成
(2) それぞれのラインに対して、トリガー(入力イベント)を見つける
(3) 状態を見つける
(4) 状態遷移図に起こす
(5) 書きづらい・読みづらいなど、必要に応じて階層化
(6) 上記を、その他の正常系や異常系で繰り返す

といったもの。

今回はサンプルとして、メールソフトからのメール送信について、この手順を追ってみようと思います。

(1) 正常系のシーケンス図の作成

利用者、メールソフト、メールサーバで正常系のシーケンス図を作成。

Photo

まずは、メールサーバの入力イベントで区切ってみると、入ってくる矢印、出ていく矢印に注目。

Photo_4

状態は、「idle」「新着確認」「受付中」がみつけられる。さて、メールサーバの状態はこれだけだろうか。

|

« ハレルの状態遷移図 statechart を勉強する | トップページ | 技と術と芸で考えるソフトウェアテスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155415/42833996

この記事へのトラックバック一覧です: シーケンス図を使ったステートチャートの作成(1):

« ハレルの状態遷移図 statechart を勉強する | トップページ | 技と術と芸で考えるソフトウェアテスト »