CEGTestにxlsx形式でのエクスポート機能を追加

Xlsx

CEGTest(セグテスト)のエクスポートに xlsx 形式でのダウンロード機能を追加しました。
1シート目はデシジョンテーブル、2シート目はカバレッジ表です。本当は、3シート目に原因結果グラフの元データを、4シート目に原因結果グラフの画像を張り付けたかったのですが、ちょっとそこまで実装できませんでした。

URL はこちら。

CEGTest(ウェブ版)
CEGTest(ダウンロード版:v1.6-20130907)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CEGTest の js アップデート中

CEGTest の js ファイルをアップデート中ですが、プロパティの衝突か何かを起こしていて、ウェブサイト上で問題発生中です。ご利用の際は、zip ファイル版をご利用ください m(_ _)m

http://softest.cocolog-nifty.com/blog/cegtest.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[イベント]JaSST'11 九州とWACATE2011 冬

10月~12月、そして1月はソフトウェアテスト関連のイベントがいくつも連なっていますが、今日は自分にも関係しそうなものを二つ。

==

JaSST'11 九州 2011年11月25日(金)

今年のJaSST九州は福岡です。金曜日なので、東京近辺から遠征される場合は週末も吸収を楽しむのもよさそうですね。今回は午前中のチュートリアルで「実践! CEGTestで原因結果グラフを作ってみよう」と題して、CEGTestを使いながら原因結果グラフを学んでみるワークを担当させていただきます。

開催要項

基調講演は、尾縄 大輔さん(西日本旅客鉄道)による九州新幹線開通にまつわるお話のようです。今年のJaSSTは乗り物系がはやり?!

http://jasst.jp/archives/jasst11k/session_11k.html#s3

招待講演は、湯本 剛さん(日本HP)からテスト自動化を成功させるアドバイスがきけるようです。いろいろな場で湯本さんとお話しする機会はあるものの、落ち着いて講演を聞く機会がなかったので、楽しみです!
九州にみんなでいってみよう!

http://jasst.jp/archives/jasst11k/session_11k.html#s5

==

WACATE2011 冬 ~咲かせてみせようテスト道~ 2011年12月17日(土)~18日(日)

今年も実行委員を務めさせていただきます。今回のクロージングセッションは、「ソフトウェア品質会計」の著書でも有名な誉田直美さん(NEC)です。そして、2日間のセッションをモデレートする実行委員も女性が多く、今回はいつもよりも華やかな雰囲気です。

開催概要

プログラム

WACATE(わかて)とはいえ、ベテランのエンジニアでも参加されていますし、参加者それぞれが得るものを持ち帰っていただける2日間です。ご興味のある方はぜひご参加ください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

第6回「ソフトウェアテスト技法ドリル」勉強会 - ペアワイズ

今週末は台風12号の影響で大雨や交通機関の乱れが見られましたが、9/2(金)の勉強会は開催されました。

第6回「ソフトウェアテスト技法ドリル」勉強会
http://atnd.org/events/18949

ツイートのまとめ
http://togetter.com/li/182805


今回も講義担当・演習担当のお二人にご協力をいただきました。jp_watanabe さん、tosikawa さん、ありがとうございました。演習では、スターバックスコーヒーのメニューと注文方法についての組合せが題材でした。

マイフラペチーノ
http://www.starbucks.co.jp/customize/frappuccino/

ベースとなるフラペチーノによって、コーヒーの量やミルクの量、カスタマイズができたりします。今回はペアワイズ法の勉強なので組合せを実際に作ってみようということでしたが、「何をテストするのか」によって実施したいテストが違ってきます(秋山さんも当日おっしゃっていました)。ということで、僕がいくつか想定した検証目的を書いてみます。

店員の教育テスト
メニューを覚えたか、それぞれのフラペチーノに対してどんな変更やカスタマイズが可能かどうかを覚えているかを確認するための組合せテストが考えられます。この場合は、ありえない組合せも考慮して、被験者が「その変更はできない」と判断できるかも確認すべき事項になってきます。コーヒーの量、ミルクの量、全てのカスタマイズに対して組合せを作成して、いくつか試験するのがよさそう。

食券システムのテスト
スターバックスは食券システムではないですが、学食や牛丼チェーン店のそういうシステムのテストはありえそう。この場合は、食券が正しく印刷されるか、選択したフラペチーノに対して可能な変更ボタンが有効になるかどうか等を確認したい。組合せテストともに、論理関係を考えたテスト(制約を含む)も一度検討したほうがよいと思います。入金の金額や釣銭状態もも条件に含まれそう。

味のテスト
変更やカスタマイズを組み合わせて、仕様となる禁則を決定するためのテスト。少ない組合せ数で、お客様に提供できないような味になりそうな組合せを見つける、といった目的になるでしょうか。


それにしても、こんなカスタマイズは今まで注文したことがないです^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CFD法を学ぶ、第4回「ソフトウェアテスト技法ドリル」勉強会

今日は「ソフトウェアテスト技法ドリル」勉強会でした。

第4回「ソフトウェアテスト技法ドリル」勉強会
http://togetter.com/li/118911


今回は、松尾谷徹氏が考案したCFD法(Cause Flow Diagram)というテスト設計技法がテーマ。デシジョンテーブルを作成するので、実装(特に処理順序や判定順序)がわかっていてはじめて効果が発揮される技法といえます。開発者向けのテスト技法かな。

勉強会をするにあたって、入力条件の同値図と結果を処理の流れで結んだ「原因流れ図」を描くのですが、これが意外にめんどくさい! ということでCEGTestの要領で描画ツールを作ってみました。

drawCFD - CFD(Cause Flow Diagram)からテスト条件を作成するツール
http://softest.cocolog-nifty.com/labo/drawCFD/

Cfd


現時点では基本的な動作だけが実装されていて、エクスポート・インポート、図の削除や変更がうまく動作しないなど、プロトタイプ版です。ご容赦くださいm(_ _)m

CFD法は最終成果物であるデシジョンテーブルは、描いた「処理の流れ(矢印)」に対応しているので、ルール数やテストケースの出現は「処理の流れ」の描き方に依存します。本当は「処理の流れ」が誤りなく、無駄なく、網羅されているかを確認できるところまでツールに検証させたいけど、できないなあ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原因結果グラフの演習でコツをつかもう

先日2/7に、TEF主催の第3回「ソフトウェアテスト技法ドリル」勉強会がありました。

勉強会は「原因結果グラフ」をテーマにして、講義と演習の2時間でした。2年前に同じようにTEF主催で原因結果グラフ&デシジョンテーブル勉強会をしたときは、講義と演習を用意して全4回(のべ8時間)とかなりヘビーなものでした。ということで、今回はテキストであるドリル本と予習問題を用意して、事前に参加者に学習をしてもらってかなり時間短縮できました。

でも、参加者によってはついていけなかったり、会場ででてきた質問もあまり理解できなかった、といった声も少し聞かれました。ということで、2年前の勉強会で扱った例題・演習問題・宿題をまとめて、参加者の理解度に応じて解いていけるようなページを作ろうと思いました。(アイデアは秋山浩一さん)

原因結果グラフの演習

今のところ、問題数は18問。半分の9問については、解答例を付けました。あとで自分なりの解説も付けようかとは思っていますが、鈴木三紀夫さんが解説ページをつくるかも?!

たまゆら雑記

# このブログタイトルは、テスト技法を勉強している人には有名ですよね。デシジョンテーブルを勉強すると、この名前の旧ブログにたどり着きますから!


ということで、完成までは今しばらくお待ちくださいm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[イベント]JaSST'10四国 原因結果グラフのワークショップ

日本がんばれ~

==

すでに申し込みは終了していますが、7月2日(金)に香川大学にて「JaSST'10 Shikoku」が開催され、西先生の講演の後、原因結果グラフをテーマにしたワークショップを行います。

 JaSST'10 Shikoku
 http://jasst.jp/archives/jasst10t.html


ここで紹介している「CEGTest」を使って、原因結果グラフを描く練習をしてもらう予定です。何かフィードバックできることがあればブログに書こうと思いますー。

 原因結果グラフによるテスト設計支援ツール - CEGTest
 http://softest.cocolog-nifty.com/blog/cegtest.html

 (ウェブ版)CEGTest-1.3
 http://softest.cocolog-nifty.com/labo/CEGTest/

 (zip版)CEGTest-1.3-20100629.zip
 http://softest.cocolog-nifty.com/labo/CEGTest-1.3-20100629.zip

ちなみに、7月~10月にかけて、四国の他に関西、北海道でもJaSST開催が決定しています。

 JaSST'10 Kansai ~負けないテスト~
 http://jasst.jp/archives/jasst10w.html

 JaSST'10 Hokkaido ゲンバノチカラ ~テスト実装5秒前!そのとき現場が動いた~
 http://jasst.jp/archives/jasst10s.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[JaSST'10Tokyo]原因結果グラフ支援ツールCEGTest

緊張したけど、終わってみると楽しかったー。明日も朝から見たいセッションがありますね~。

==

JaSST'10Tokyoで経験論文の発表をしてきました。

Cap

原因結果グラフ支援ツールCEGTestです。

http://softest.cocolog-nifty.com/labo/CEGTest/

できるだけヘルプを見なくても操作できるように設計していますが、まだまだ扱いづらいところがあるかも。また、一部は未実装(特にIEについてはまだ実装が追い付いてないので未対応・・・)ですが、気になる方はお試しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[本]Webアプリケーションテスト手法

Webアプリケーションテスト手法
by 水野 貴明, 石井 勇一, 新藤 愛大, 岸田 健一郎, 荻野 淳也, 安井 力, 田中 慎司
毎日コミュニケーションズ

単行本(ソフトカバー)
定価:¥ 2,940
価格:¥ 2,940
売り上げランキング: 4765位


Webアプリケーションを開発する側にたち、テスト手法を「テストの自動化(駆動開発)」「非機能テスト(性能、セキュリティ)」を中心について解説。対応言語(Perl、ActionScript、PHP、Ruby、JavaScript)の専門家が執筆しているところも特徴的。この本で学んだものをより効率的・効果的にテストへ活かすには、テスト戦略・設計にかかわる本もあわせて読むと相乗的に品質を上げることが可能かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[サイト]特集 Happy Testing Perl

トラブルをきっかけに、”メンテ”イップスに。なりたくないねえ。

==

仕事の中であまりperlは扱わないのですが、

特集 Happy Testing Perl by 技術評論社


この特集では,TAPをはじめとしたPerlプログラミングにおけるテスト手法を解説します。ここで紹介するモジュールはどれも実践的なものばかりです。ぜひ皆さまのプログラミングの際に活用してください。

Happy testing!!

テスト系の連載が増えてきた気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)