特集記事:組み合わせテストをオールペア法でスピーディに!

perl少し覚えた。

==

技術評論社のサイトに組み合わせテストをオールペア法(PICT)で試す、という記事が掲載されています。なかなか時間が取れなくて読めていないですが、PICT初心者としてはありがたい特集です!

特集:組み合わせテストをオールペア法でスピーディに!


  1. 第1回 組み合わせテストの技法

  2. 第2回 PICTの基本的な使い方

もう少しきちんと読めたら、記事書こうっとー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

FTFI -どうして2因子間網羅なのか-

しつこいようだが、ソフトウェアテストは、いかにして少ない手数で多くの欠陥を見つけるか、がキーである。

どこに欠陥が入り込みやすいか、という問いにはいくつかの解答があるだろうが、直交表・HAYST法・All-pair法などを勉強する場合、勘所は組み合わされる条件の個数になることが一般的。なぜか。

ソフトウェア・テストPRESSでもネットにも資料があるのだが、欠陥の多くは単因子の場合と2つの因子による場合とでほとんどが構成される。

Ftfi

(引用元: http://www.jasst.jp/jasst05w/pdf/S4-3.pdf)

ちなみに、NetscapeやApacheなどは2因子まででは欠陥混在数が収束せず、3因子の関係も考慮する必要があるプロダクトといえる。これはプロジェクトが大規模でメンバーが数多い場合には、多数因子の組み合わせでも欠陥が少なくない、との見方がされる。

2因子あるいは3因子までの組み合わせを考慮すれば、ほとんどの欠陥は検出できる、というのはこの経験則によるところが大きいと思われる。(田口博士による、バグの数は因子数で指数的に小さくなるという理論もあるかな)

==

ここからは私見。

All-pair法は2因子間網羅を特に意識しているが、テスト実施者=開発担当者であれば、2因子間網羅すら間引いてもいいんじゃないかって思う。抽象化・グルーピングによって2因子間網羅率は低下するだろうが、先の条件下であれば極端な品質低下にはつながらないし、効率もいいのかな、と。ホワイトボックス的なアプローチができるはずなので。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

テストケース組み合わせの手法を勉強する - All-pair法 -

ココログはメンテ中。ココログフリーなのでうちは大丈夫。

==

参加しているメーリングリストでpairwiseについての話題が出ていた。直交表やHAYST法のように条件の組み合せを効率的に網羅するテスト技法のひとつで、特徴は「2因子組み合せでほとんどの欠陥を見つけ出せるという経験から、2因子間網羅率を100%にする」という特徴を持っている。ちなみに、直交表やHAYST法でも2因子間網羅率を品質の指標にはしているが、3因子、4因子以上についても網羅したい、という思いが強い。かな。

Pairwise Testing


Pairwise (a.k.a. all-pairs) testing is an effective test case generation technique that is based on the observation that most faults are caused by interactions of at most two factors. Pairwise-generated test suites cover all combinations of two therefore are much smaller than exhaustive ones yet still very effective in finding defects.

Pairwise(別名all-pairs)テストとは、多くの欠陥(不具合)が高々2つの因子の作用によって発生しているという経験に基づいた、効果的なテストケース作成技法です。Pairwaseテストスイートは全ての2因子間組み合わせを網羅しており、徹底的な手法よりもより少ない労力での検知が可能な、とても効果的な手法です。

参考資料。
直交表 VS All-pair法(PDF)

直交表・HAYST法を使うべきか、All-pair法を使うべきか、そういった見極めはどうしたらいいのかを、もう少し調べてみようっと。


| | コメント (0) | トラックバック (1)