メニュー

CEGTestのメニュー一覧。データのクリア、エクスポート/インポート機能など。

ツールバー

原因結果グラフを作成するためのツール一覧。ノードの配置や制約の配置など。

描画エリア

原因結果グラフを作成する領域。

メッセージ

各操作に対応したガイダンス・インフォメーション・警告などを表示。メッセージが表示された状態でクリックすると、メッセージが消えます。

デシジョンテーブル

作成した原因結果グラフを元にして、論理関係を網羅するテスト条件をマトリクス表示したもの。各ノードの位置・論理関係の深さに応じて並べ替えが行われる。

行方向ノード。
列方向テスト条件。
Tノードが真である。
t論理上ノードが真でならざるを得ない(該当する真偽の組合せが論理式にない)。
Fノードが偽である。
f論理上ノードが偽でならざるを得ない(該当する真偽の組合せが論理式にない)。
MMASK制約により真偽が決定できない。
I原因側のノードが真偽不明のため真偽が決定できない。

ダブルクリックすると非表示となります。また、ドラッグすることで移動することができます。

カバレッジ表

作成した原因結果グラフを元にして、網羅すべき論理式をリスト表示したもの。各ノードの位置・論理関係の深さに応じて並べ替えが行われる。

行方向論理式と対応する真偽値。
列方向ノード。
Tノードが真である。
Fノードが偽である。
#このテスト条件が、対応する論理式を網羅していて、かつ唯一。
xこのテスト条件が、対応する論理式を網羅していて、かつ唯一ではない。

ダブルクリックすると非表示となります。また、ドラッグすることで移動することができます。